8月の音楽療法

猛暑の続く中、毎月恒例の音楽療法の日を迎えました。

NHK 連続テレビ小説『ちむどんどん』の主題歌、三浦大知さんの【燦燦】のHidden Storyを利用者さんの入場時に演奏する曲に選びました。
まさに「燦々」は

太陽などが明るく光り輝くさま。彩りなどの鮮やかで美しいさま。

[デジタル大辞泉]より

今の時期にぴったりの言葉です。

今回の音遊びは「押す」動作にしました。

毎回私が弾いているピアノやキーボードはまさに押して音が鳴る楽器の代表です。

押して音が出るピアノの鍵盤。簡単に音が出せるところが魅力です。

利用者様の動かしやすい方の手が鍵盤側に来るよう車椅子をキーボードの前に移動して実際に弾いて音が出ることを体感しました。

キーボードの重さは軽いので低い方から高い方まで弾けるように私と職員さんとでキーボードを移動させて様々な音を弾いてもらいました。

初めはおっかなびっくりな様子でしたがだんだん仕組みがわかると積極的に弾いて楽しまれていました。

プラスチックのケースに貝殻を入れて作ったマラカス。優しい音色です

今月のお誕生日のお祝い曲はリクエストにお応えしてOfficial髭男dismの「宿命」でした。

関連記事

  1. 5月の音楽療法

  2. 4月の音楽療法

  3. 介護施設での出張コンサート

  4. 手作りの楽器

  5. 9月の音楽療法

  6. 9月の音楽療法